183clubと映画ともろもろ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 墨攻

<<   作成日時 : 2007/11/09 18:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
アンディ・ラウの最新作ですね。

もっとスペクタクルなのを期待してたので、ちょっとがっかりだったかな?

梁の王様の自分勝手に、正しい人たちが翻弄されてしまったので、見ていて後味が悪かった。

「正義は必ず勝つ」とまでは期待しないけど、映画なんだからエンディングにもうすこし希望を持たせて欲しかったというなが、正直な感想です。

お気に入りのシーンは誰に指揮権を持たせるかを決める時に、青年と王の息子で弓の対決をするんだけど、息子の方が負けてしまって、アンディ・ラウが「今まで何でも一番でしたよね。それはあなたが王の息子だからです」といって、息子も何かと反発するんだけど、最後はアンディ・ラウの言葉を理解出来るんだよね〜
「こいつ、ちゃんと分かっていいやつだな〜」と感動しました。

こういうのが、映画を見ててよかったな〜と思うトコですね〜

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

Yahoo!検索

墨攻 183clubと映画ともろもろ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる